TOP | TRAILER | INTRODUCTION | STORY | CAST | STAFF | THEATER

TOP | TRAILER | INTRODUCTION | STORY | CAST | STAFF | THEATER

05年公開後、国内外で高い評価を獲得した映画『MEATBALL MACHINE ミートボールマシン』(山本淳一監督、山口雄大監督)。謎の生物に操られたヒトとマシンの複合体、ネクロボーグが死闘を演じる世界観を受け継ぎながら、より過激に生まれ変わったバイオレンス・スプラッタームービー『蠱毒 ミートボールマシン』だ。

 

監督は、オリジナル版で特撮・造型を手がけた西村喜廣。『進撃の巨人』『シン・ゴジラ』などで幅広く活躍している特殊メイク、造型クリエーターであると同時に、監督としても『東京残酷警察』や『虎影』など異色エンタメ作を次々に発表。各国のファンタ系映画祭を通じ、ワールドワイドに高い人気と知名度を誇る異才である。新たな設定のもとネクロボーグが死闘を繰り広げる今作は、アクション、特撮、もちろん流血の量も前作を大きく凌駕。全編にわたり激しいバトルが展開する、ハイテンションな作品に仕上がった。ワールドプレミア上映となったサウス・バイ・サウスウエスト2017を皮切りに、多くの国際映画祭での上映が決定している。

主人公を演じるのは、個性派俳優として映画、ドラマ、CMなど幅広く活躍する田中要次。映画初主演となる本作では、激しいアクションをほぼスタントなしで熱演した。可憐なヒロインには、グラビアアイドルの百合沙。映画初出演とは思えないナチュラルな演技だけではなく、映像では初脱ぎとなる、みごとな脱ぎっぷりにも注目したい。その他、しいなえいひ、鳥居みゆき、川瀬陽太、村杉蝉之介、三元雅芸ほか個性派メンバーが集結。斎藤工が謎の宇宙人を演じている。

 

【蠱毒(こどく)とは】

犬を使用した呪術である犬神、猫を使用した呪術である猫鬼などと並ぶ、動物を使った呪術の一種である。「器の中に多数の虫を入れて互いに食い合わせ、最後に生き残った最も生命力の強い一匹を用いて呪いをする」という術式が知られる。

TOP | TRAILER | INTRODUCTION | STORY | CAST | STAFF | THEATER

取り立て屋の野田勇次(田中要次)は、優しい性格が災いし社長から役立たずの烙印を押された中年男。彼の唯一の楽しみは、落語のテープを聴くことと、行きつけの古本屋に勤める三田カヲル(百合沙)に会うことだった。

そんなある日、勇次らの街はとつぜん巨大なフラスコに包まれて外の世界と遮断されてしまう。そしてフラスコの中の人々は、謎の寄生生物に操られた戦闘マシン・ネクロボーグになり町中で死闘を繰り広げていった。ネクロボーグにされながらも自らの意志を保った勇次は、行方不明のカヲルを探し街中を駆け抜ける。

果たして勇次はカヲルを救うことができるのか?

そしてフラスコは誰が何の目的で作ったのか?

やがて驚愕の真実が明らかになってゆく――。

TOP | TRAILER | INTRODUCTION | STORY | CAST | STAFF | THEATER

1963年8月8日生まれ。長野県出身。

1991年、照明技師の安河内央之に師事し、竹中直人監督の『無能の人』の照明助手として参加。同作品にも出演し、以後も俳優と撮影スタッフに携わる。

2001年、TVドラマ「HERO」のバーテンダー役での出演が話題となり、一躍茶の間で知られる存在に。映画、ドラマ、CMで活躍する傍ら、『ドラムマンz バチがもたらす予期せぬ出来事』(15)、オムニバス『LOCO DD 日本全国どこでもアイドル』の一篇「Last DAYS」(17.9公開)を監督。近年の主な出演作品は『家路』(14/久保田直監督)、『エヴェレスト 神々の山嶺』(16/平山秀幸監督)。TVドラマでは、NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」など。

1969年12月28日生まれ。神奈川県出身。

1995年、映画『RUBBER‘S LOVER』(福居ショウジン監督)で主演デビュー。

瀬々敬久監督をはじめピンク映画で活躍。現在も自主映画から大作まで幅広く活動している。最近の主な出演作品は、『ローリング』(15/冨永昌敬監督)、『犯る男』(15/山内大輔監督)、「64」(16/瀬々敬久監督)、『バンコクナイツ』(17/富田克也監督)、『PとJK』(17/廣木隆一監督)、『はらはらなのか』(17/酒井麻衣監督)、『アリーキャット』(17/榊英雄監督)など。

1976年2月3日生まれ。福岡県出身。

主演映画『OPEN HOUSE』(98/行定勲監督)にて女優デビューを果たす。その後は映画界を中心に女優として数多くの新鋭監督の作品に出演。『オーディション』(00/三池崇史監督)での演技で、日本のみに留まらず世界中に多くの熱狂的なファンを生み出すなど、出演作品の多くは世界各国の映画祭へ出品されている。主な出演作として『アニムスアニマ』(05年/斉藤玲子監督)『TOKYO GORE POLICE 東京残酷警察』(08/西村喜廣監督)、『吸血少女VS少女フランケン』(09/西村喜廣監督)、『アウトレイジ』(10/北野武監督)、『ヘルドライバー』(10/西村喜廣監督)、『めめめのくらげ』(13年/村上隆監督)、「虎影」(15/西村喜廣監督)などがある。

1992年4月3日生まれ。静岡県出身。

スペイン系ペルーのクォーター。

15年、「週刊現代」のグラビアシリーズ「美少女 百合沙がいる街」が話題になり、その後写真集を発売。

映画『教科書にないッ!』(16/佐々木詳太監督)、またその続編が今夏、また『LINKING LOVE』(金子修介監督)が公開待機中。

1965年9月7日生まれ。群馬県出身。

数多くの舞台や映像作品に出演するほか、パンクコントバンド・グループ魂では大道具の“バイト君”として活動。主な出演作品は、『想いのこし』(14/平川雄一朗監督)、『万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-』(14/佐藤信介監督)、『ジヌよさらば~かむろば村へ~』(15/松尾スズキ監督)、『マエストロ!』(15/小林聖太郎監督)、『虎影』(15/西村喜廣監督)。またTVドラマでは、「ボク、運命の人です。」(日テレ系列)、「みをつくし料理帖」(NHK)など。

1981年8月22日生まれ。東京都出身。

モデルを経て、『時の香り~リメンバー・ミー~』(01/山川直人監督)で俳優デビュー。その後、映画、TVドラマ、CMと幅広く活躍中。映画では、『愛と誠』(12/三池崇史監督)、『めめめのくらげ』(13/村上隆監督)、『虎影』(15/西村喜廣監督)、『無伴奏』(16/矢崎仁司監督)、『高台家の人々』(16/土方政人監督)、『団地』(16/阪本順治監督)、『昼顔』(17/西谷弘監督)など。またTVドラマでは、「最上の命医」(テレビ東京)、「臨床犯罪学者 火村英生の推理」(日本テレビ)、「運命に、似た恋」(NHK)、「連続ドラマW アキラとあきら」(WOWOW)など。12年より「齊藤工」名義で制作活動をスタート。18年公開の初長編監督作『blank13』が上海国際映画祭で最優秀新人監督賞を受賞。

1981年3月18日生まれ。秋田県出身。

08年、09年の「R-1ぐらんぷり」の決勝に進出。多くのバラエティ番組やライブで芸人として活躍する一方で、映画『全然大丈夫』(08/藤田容介監督)に出演以降、女優としても活動。主な出演作品には『非女子図鑑』(09/清水崇監督)、『奴隷区 僕と23人の奴隷』(14/佐藤佐吉監督)、『虎影』(15/西村喜廣監督)などがあり、圧倒的な存在感を見せている。また、書籍「夜にはずっと深い夜を」(09/幻冬舎)を執筆するなど、多才な一面を発揮。現在、「東北魂TV」(BSフジ)をはじめレギュラー番組で活躍中。

1977年5月3日生まれ。大阪府出身。

 『四畳半革命 白夜に死す』(08年/世志男監督)で映画デビュー。主演作『AVN/エイリアンVSニンジャ』(11/千葉誠治監督)は、ニューヨークアジア映画祭でワールドプレミア上映され、世界各国で高い評価を受けた。主な出演作品に『極道大戦争』(15/三池崇史監督)、『虎影』(15/西村喜廣監督)。『荡寇風雲~GOD OF WAR~』(17/ゴードン・チャン)、『追捕MANHUNT』(公開待機中/ジョン・ウー)などがあり、2016年開催第4回ジャパンアクションアワードでは、最優秀ベストアクション男優賞を受賞した。「龍が如く」(’06~’17/セガゲーム)では、出演・アクションコーディネーター等を務めるなど、多方面にて活躍中。

TOP | TRAILER | INTRODUCTION | STORY | CAST | STAFF | THEATER

1964年5月13日生まれ。大阪府出身。

大学卒業後、キネマ旬報社及び西友映画事業部に所属し、サンダンス映画祭in東京を企画するなど映像作家発掘に尽力する一方で自身も創作活動を開始。

1999年犬童一心監督『金髪の草原』にて脚本家デビュー。脚本として『オー!マイキー』(00)、『殺し屋1』(01)、監督として『東京ゾンビ』(05)、「江戸川乱歩短編集 心理試験」(NHK BSプレミアム)などを手がける。また役者としても『キル・ビル』(03)、『破門 ふたりのヤクビョーガミ』(17)、「バイプレイヤーズ」(テレビ東京)など多くの映像作品にも出演。

[主な担当作品]

『ポストマン・ブルース』(97)/『あゝ一軒家プロレス』(04)/『お父さんのバックドロップ』(04)/『小森生活向上クラブ 』(08)/『NECK ネック』(10)/『虎影』(15)/『ホテルコパン』(16)

[主な担当作品]

『アブダクティ』(13)/『鬼灯さん家のアネキ』(14)/『さよなら歌舞伎町』(15)/『珍遊記』(16)/『セトウツミ』(16)/『14の夜』(16)

1967年生まれ、東京都出身。特殊造型クリエイター、特殊メイクアップアーティスト、映画監督。

初監督作品『東京残酷警察』(08)が73もの世界各国の映画祭に出品され、そのうち5つの映画祭で受賞、国際的に注目される。特殊造型を担当した主な作品に、『リアル鬼ごっこ』(園子温監督/15)、『片腕マシンガール』(井口昇監督/08)、『冷たい熱帯魚』(園子温監督/11)『進撃の巨人』(樋口真祠監督/15)『シン・ゴジラ』(樋口真祠監督/11)。監督最新作は斎藤工主演『虎影』(15)。

[主な担当作品]

『巨神兵東京に現わる 劇場版』(12)/『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』(15)※撮影(特撮セカンドユニット)/『シン・ゴジラ』(16)※B班撮影

[主な担当作品]

『0.5ミリ』(14)/『虎影』(15)/『KIRI 「職業・殺し屋。」外伝』(15)/『破裏拳ポリマー』(17)

[主な担当作品]

『g@me.』(03)/『片腕マシンガール』(07)/『悪夢のエレベーター』(09)/『ラビット・ホラー3D』(11)/『めめめのくらげ』(13) /『瀬戸内海賊物語』(14)/『Zアイランド』(15)/『虎影』(15)/『珍遊記』(16)/『きょうのキラ君』(17)/『スレイブメン』(17)

[主な担当作品]

『富江 アンリミテッド』(11)/『ヘルドライバー』(11)/『マザー』(14)/『虎影』(15)/『風のように』(16)※アニメ

TOP | TRAILER | INTRODUCTION | STORY | CAST | STAFF | THEATER

都道府県

劇場

電話番号

公開日

備考

東京

03-3354-5670

上映終了

初日舞台挨拶 8/19(土)20:45の回上映前

■登壇予定者:田中要次/百合沙/川瀬陽太

       三元雅芸/屋敷紘子/栄島智

       矢部太郎/若林美保

       西村喜廣監督

神奈川

045-261-2995

10/21

舞台挨拶 10/28(土)18:30の回上映後

■登壇予定者:田中要次、百合沙

       笹野鈴々音、西村喜廣監督

宮城

022-299-5555

上映終了

 

長野

0263-98-4928

上映終了

10/20(金)

上映前トーク▶︎19:00の回上映前

アフタートーク▶︎21:00頃

■登壇予定者:田中要次(上映前トークのみ)

       西村喜廣監督

愛知

052-452-6036

上映終了

初日舞台挨拶 9/23(土)20:50の回上映前

■登壇予定者:百合沙/西村喜廣監督

大阪

06-6302-2073

10/14

舞台挨拶 10/21日(土) 20:35の回上映後

■登壇予定者:百合沙/西村喜廣監督

兵庫

078-531-6607

11/18(土)

 

広島

082-231-1001

順次公開予定

 

TOP | TRAILER | INTRODUCTION | STORY | CAST | STAFF | THEATER